手放しでは喜べない

やはり、昨年の夏から4割以上上昇している原油価格の影響が大きいですね。

4割の原油価格上昇は、半年後の消費者物価を0.5%程度押し上げますから、インフレ率はまだ上がるでしょう。

ただ、原油高は家計の購買力も奪いますから、日銀も手放しでは喜べないでしょう。

また原油高は、GDPデフレーターには押し下げに効きますから、政府のデフレ脱却宣言にもプラスとはいえないでしょう。

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL26H78_W8A120C1000000/

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?