日照条件の良い九州では、大量の太陽光発電が導入されました。国が目指す2030年には、必要とする電気の22~24%程度を再生可能エネルギーで賄うという目標にあと少し、というのは素晴らしいことながら、もちろん課題も出てきます。

今回は賦課金といったコストの話や、こうした再生可能エネルギーの廃棄に関する問題はさておき、再生可能エネルギーの電気をうまく使いこなすためにどうしているかを書きました。

初級編ですが、ご一読頂けたら嬉しいです。

https://www.sankei.com/region/news/180405/rgn1804050022-n1.html

この記事が気に入ったらサポートをしてみませんか?