見出し画像

結婚はこれ以上、小さくなれるのかを考える。

Aさん「結婚とは家と家の問題だ!」

Bさん「いや、個人と個人の問題でしょ?」

そんな2つの意見があるとしたら、どちらが年長者の意見だろうか。

画像1

おそらく多くの人が、Aさんを年長者だと想像するだろう。

結婚とは「家」と「家」の問題である。

とする考え方は少し前の価値観だ。

親が反対しようと、周囲がなんと言おうと、結婚とはあくまで個と個の話。
本人同士の問題であって、周りがとやかく言うことではない。

それが今の時代の価値観

画像2

だが先週の判決は違った。
最高裁は、またもや夫婦別姓を認めなかった。

つまり、

結婚とは「家」と「家」の問題である。

とした。

画像3

判断を下した最高裁判事15人のうち女性は2人。
この構成比からしても、未来に向かった判断とは思えない。

だからそんな最高裁はさておき、ここでは少し未来の話を。

結婚はこれ以上、小さくなれるのか?

今日はそんな話。

■家族親族、御先祖様まで巻き込む「家」の結婚

先ほどからの「結婚は家の問題か、個の問題か」という話は、その「単位」に関する議論だ。

家の問題となると、その単位は大きい。

画像4

家族親族、御先祖様まで巻き込んで、家のみんなが認める結婚が良い結婚だとされる。

また、結婚後も家と家のお付き合いが欠かせない。
苗字だって、どちらの家が主導権を取るのか、は大きな問題に発展するだろう。

画像5

■結婚単位を小さくした「個」の結婚

そんな「家」単位の結婚を「大き過ぎる」と感じた人が増え、次第に結婚は「個」の問題と捉えられるようになった。

画像6

結婚とはあくまで「個」の問題。だから親が認めようが、親族がなんと言おうが関係ない。

家は関係なく、個人と個人の問題だから苗字も分けよう。どちらかの姓を名乗ると、関係のない家族親族を無理やり巻き込んでしまう

昨今の夫婦別姓も、こう考えれば当たり前の話だ。

画像7

結婚に関する議論の潮流は「その単位を小さくしていこう」ということになる。

■結婚単位はまだ大きい?

(最高裁は認めないが)個人単位になった結婚だが、それでもまだ「大き過ぎる」と感じている人は多いのではないだろうか?

例えば定番の結婚式では「一生愛すること」を誓う。さらにそれを周囲に宣誓する。

2人の関係性が変わるかもしれないのに。
離婚するかもしれないのに。

1人の「個」にすべてを背負わせようとする。

個という単位すら、少し窮屈になりはじめているのかもしれない。

画像8

しかし果たして、個よりも小さい単位なんてあるのだろうか?
結婚はこれ以上、小さくなれるのか。

それが今すべき、未来の議論だろう。

画像9

例えば個ではなく、時間を単位にしてみる。

結婚期間は3年とし、その後1年ごとに更新とする。

なんて時間制結婚もあるかもしれない。

画像10

もしくは、僕が普段からテーマにしている、複数との結婚(交際)を認め合う形式だってあるだろう。


まだまだ時代は変わる。
まだまだ結婚も変わる。

前時代に足を引っ張られながらも、私たちは「次の結婚のカタチ」も同時に模索しなければいけない。


サポートいただけたらグリーンラベルを買います。飲むと筆が進みます。