この記事にあるように、実はインターネット空間のコンテンツは誰でも、コンテンツを公開できるために、多くの問題があります。

極端な例では、反社会的な勢力が動画をYouTubeに公開することが可能で、その動画に大手広告主の広告が流れる可能性もあるのです。

このような問題は、まず問題があることを認識して、どのように解決すべきか議論を行うタイミングで、日本の広告主も真剣に考えるべきテーマだといえます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26837220T10C18A2000000/

もし良ければ、サポートをお願いします。今後の執筆のための、調査費用などに、有効に活用して、記事としてお戻しします。