AIの進化は、就職先ではなく、仕事の仕方を変えるのかもしれませんね。

 AIにより、職業が淘汰されるという議論は、AIの得意分野を知る意味では、必要な議論なのでしょう。でも、最近私は、AIによって、現在の職業がそのままの形式で残るかどうかを考えるよりも、私たちの働き方が変わるのではないかと考えています。その働き方が変わることは、この記事の中で触れています。その働き方が変わることは、この記事の中で触れています。

https://bizgate.nikkei.co.jp/article/DGXZZO3133204004062018000000?n_cid=TPRN0002

なぜ、そのようなことをいうかといえば、「AIが仕事を奪う」のではなく「AIとともに、仕事の方法を変える」という議論の方が重要だと考えているからです。忘れてはいけないことは、AIは、未知の問題には不向きであることです。ここでは、スペシャリストは淘汰と書かれていますが、その領域がまった進化しなければ、確かに淘汰されます。しかし、その領域が進化し続けるのであれば、かならず「人」がっ未知の問題に取り組むことになるのです。

このように考えると、スペシャリストの仕事の仕方が変わるが、仕事は残ると考えるほうが、自然ではないでしょうか。

もし良ければ、サポートをお願いします。今後の執筆のための、調査費用などに、有効に活用して、記事としてお戻しします。