小島 雄一郎
「自分が殺せない生き物は食べない」というシンプルな考え方。
見出し画像

「自分が殺せない生き物は食べない」というシンプルな考え方。

小島 雄一郎

最近、肉を食べない知人が増えた。

食べられない、のではなく、食べない

健康上の理由ではなく、
宗教上の理由でもなく、
自分でそう決めたから、食べない。

その選択は流派というか、美学というか、
「ライフスタイル」という表現が最も近い気がする。

肉や魚を食べないのが、ベジタリアン
それに加えて、卵・乳製品・はちみつなども食べないのが、ヴィーガン

このくらいの知識はあったが、最近出会った知人の「肉を食べない基準」は、僕の知っているソレとは少し違った。

今日はそんな話。

■食べ物基準と、自分基準

キーマカレーを頼もうとした時だった。

「あ、私お肉食べないんだよね」

彼女と食事をするのは初めてだったから、知らなかった。
単純に好みやアレルギーだと思って

「じゃあ、鯛のカルパッチョはどうですか?」

と聞いたら、大丈夫とのこと。

この時点でベジタリアンやヴィーガンではないんだな、と悟った。
すると、彼女はこう付け加えた。

「あ、でも大きい魚はダメかも。」

混乱した。

こうなると「基準」が気になる。

「大きさなんでですか?味ではなく?」

僕が食い下がると、彼女は答えた。

自分が殺せない生き物は食べない、って決めてるんだよね。鯛は捌けるけど、大きいマグロとかは無理かなー。」

新鮮な回答だった。

同時に、妙な納得感を覚えた。

それまで僕は菜食主義者がベジタリアンで、完全菜食主義者がヴィーガン、など食べるもの基準で捉えていたが、彼女の回答は「自分」が基準だった。

「食べるもの」を基準に考えた場合

「面白い考え方ですね。それって名前とかあるんですか?」と尋ねると、「どうだろう?私が勝手に決めただけだから」と彼女をは笑った。

(本当にないのかな?名前ありそうだけどな・・・)

と気になったがその場で調べるのは失礼なので、帰宅後に検索してみた。

■ベジタリアンの語源と真意

調べはじめて驚いたことがある。

ベジタリアンの語源が野菜を意味する「ベジタブル」ではなかったのだ。

ベジタリアン(vegetarian)の語源は、ラテン語「ベゲトゥス(vegetus)」。

ベゲトゥスとは「健全な、新鮮な、元気のある」という意味らしく、ヴィーガンも同じ語源らしい。

つまりベジタリアンやヴィーガンにおける本来の意味は「野菜しか食べない人」ではなかったということだ。

語源の通り考えるなら「自分にとっての健全を目指す人」とでも表現するのが適切だろうか。

そう捉えると、彼女の考え方もしっくりくる。

少なくとも彼女は「ベジタリアンになろう!」と考えたわけではない。

自分にとっての「健全」を考えた結果が「自分が殺せないものは食べない」という手法になり、結果的にキーマカレーを頼まなかっただけだ。

構造にすればこんな感じだろう。

「それはヴィーガンか、ベジタリアンか?」
「その考え方はなんて名前なのか?」

などは世間の基準でしかなく、彼女にとっては「どうでもいいこと」だ。

だから彼女は「私の考え方はベジタリアンなのかな?」なんて考えなかったし、気にもしなかったのだろう。



結論として「自分が殺せないものは食べない」という考え方に名前はなかった。


しかし「自分にとっての健全を目指す人」が広義のベジタリアンだとしたら、彼女はベジタリアンだし、僕もベジタリアンでありたいと思った。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小島 雄一郎

サポートいただけたらグリーンラベルを買います。飲むと筆が進みます。

小島 雄一郎
モヤモヤしたらパワーポイント。本業は若者研究。著書は「広告のやりかたで就活をやってみた」。プライベートでは人間関係に名前をつけないリレーションシップアナーキーやポリアモリーを。日経COMEMOのオピニオンリーダーをやっていますが、クビになる可能性もあります。自宅の1階は酒屋です。