1pまんが

メンターとの出会い方

色々な人に質問をされることにメンターとの出会い方があります。

私自身にもメンターがいて、2009年のリストラをされた時に、メンターとの出会いがなければ今の自分自身はなかったでしょう。

出会いのきっかけはブログでした。手伝ってくれる人を募集していたので真っ先に応募をしました。そしてアルバイトをさせていただきながら、その方の取材や講演について行き、その代わりに必要な情報や人脈などをすべて与えてくださいました。他の方で就職活動中に知り合ったという方もいました。「この人だ!」という人が見つかったら、「お話聞かせて下さい」とダメ元でお願いすることは大切だと思います。私もOB訪問など、大学でリストを探して、企業に電話をかけたりしたことがあり、ほとんどの方が受けてくださいました。

ただし、受け入れる側もお手伝いを引き受ける側も双方が覚悟と、準備ができている時でないと難しいと思います。受け入れる側も猫の手を借りるほど忙しくては教える時間も作ることが難しいものです。

お手伝いをする側もかばん持ちの覚悟が必要です。できる限り現場についていかせてもらう必要があるでしょう。あるいは秘書や運転手などをして、成功している人の身近に行かせてもらい、学びたいという人も多いようです。インターンシップのようなものなのでしょうか。無給のものと有給のものとあるかと思いますが、とにかく役に立てるように考えるのが大切です。

実は私にも教え子がいて、教え子に対しては同じことをしました。また、最近では学生に起業の方法を聞かれる機会も増えてきました。私はリスクのない学生時代に起業してみることはよいことだと思い、子供にも起業の仕方を早期から教えたいと思っています。

誰かの助けをしたいと思う時は、相手の情熱に感動した時かもしれません。10年前の私も溢れんばかりの情報があったのでしょう。教え子と出会った時、学生と会う時、目の輝きに何よりも感動します。そしてできればやりたいことをハッキリと伝えることが大切です。何を助けてよいのか分からないと何をしたらよいのか分からないからです。

それから、私自身も教え子に救われたことも何度もあります。仕事がなくなった時に教え子が仕事を紹介してくれたのです。本当に救われました。体育会系の部活のように、こうした感謝のご縁は繋がっていけば、自分のためにも、周りのためにも、社会のためになりますね。

イラスト:ふわこういちろうさん



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

日本とシンガポールでのマネー勉強会、youtubeチャンネル、「海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイト」の経費などに使わせていただきます。 https://100mylifeplan.com

Thanks!
14
CFP®認定者 外資系投資銀行を経てファイナンシャルプランナーに。『シンガポールで見た日本の未来理想図』など著書多数。http://yokohanawa.com/ 海外投資や資産運用や独立起業について。https://100mylifeplan.com

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 7067本

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、良い投稿については、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメント (1)
メンターは企業内における上司と部下の関係だけでなく(「上司ガチャ」と呼ばれる問題も)、現在ではSNSでメンターを見つけることも良いのかもしれないですね。

先日、日本経済新聞社およびnoteが開催したイベントも参考になると思います。



「【公式イベントレポ】ビジネスパーソンが発信を武器に変えるには?」(COMEMO by NIKKEI公式、2019年11月8日)
https://comemo.nikkei.com/n/n4ee862ec9fd1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。