見出し画像

フリーランスが自分の時間とパフォーマンスを守るためのルール

市原えつこです。深夜まで業務対応をしており眠いです……。今日も今日とてやることがあるのに、作業効率がガタ落ちやで……😇
フリーランスはいつでもどこでも仕事ができるのが良さではあるのですが、逆に言うと仕事と生活が密着しすぎることも。

「こういった自体を招いたのも、もとはといえば自分が軽々しく自分の時間を譲り渡すような軽率な行動をしたからだな」と己に憤ったので、自分の戒めとして「自分の時間とパフォーマンスを守るためのルール」というものを爆速でつくってみました。

「本日中にやります」とか自分から言わない(それは最後の手段なので、言う前に、いつまでにやればいいのか締め切りを聞く&交渉する)

23時以降仕事しない(深夜までディスプレイの光を浴びてると眠りの質が落ち、翌日のメンタルとパフォーマンスに響く)

打ち合わせで話したことは早めにテキストにまとめて文章で確認とりドラフトをもとに議論を進める(言った言わないを防いだり、関係者のネクストアクションの認識をあわせるため)

各所への確認系は早めに取りかかる方がダメージ少ない(後になればなるほどリカバリが大変だし代替手段の発見が難しい)

何らか提案や交渉をするときには色々と分岐条件をつくる(こうならこう、こうならこう、とif条件を立て、単純に相手の言うことを受け入れない)

どれもこれも非常に基本的なことなのですが、これを怠ると後からダメージが大きかったり翌日のパフォーマンスが落ちたりと災厄を巻く種となるので、守ってくれたり保証してくれるものの少ないフリーランスはガードを固めるための基本を徹底するのは超大事と気付きました。
仕事が楽しかったり、慣れてる時ほど危ない

他のフリーランスの皆さまが、自分の時間やパフォーマンス、QOLを守るためにどのようなことを心がけているのかとても気になるので、ぜひ教えていただけると嬉しいです。
お互い、健闘を祈ります……

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご覧頂きありがとうございます!頂いたサポートは新作の制作費に使わせていただきます🙏🏻

ありがとうございます!大変励みになります。
39
メディアアーティスト、妄想インベンター。弔いロボや喘ぐ大根、仮想通貨奉納祭など謎の発明品多数💡文化庁メディア芸術祭優秀賞、アルスエレクトロニカ栄誉賞、総務省異能など。 日本経済新聞COMEMOキーオピニオンリーダー http://etsuko-ichihara.com/