新型コロナウィルス”後遺症”にご注意を。
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。

新型コロナウィルス”後遺症”にご注意を。

伊藤羊一 Voicyパーソナリティ

先月、新型コロナウィルスに感染したことを前のnoteで書いた。

で、感染から1ヶ月経過した今まで、いわゆる「コロナ後遺症」に苦しんでいたことを報告させていただく。

僕の場合、発熱がなかったのでいつが発症か正確にはわからないのだが、咳が突如で始めたの4月2日として。PCR検査で陽性反応が出たのは4月5日。そこから隔離が始まって、ホテル療養が4月12日まで。発症から10日経過後で、もうウィルスを排出しないということで自宅に戻った。

普通に考えれば、それでもう健康体になると思うでしょう。違うのだ。新型コロナウィルスの場合、ウィルスが消えても身体の痛みは消えなかった。

これは人によりけりなんだと思うが、僕は、咳が全く治らなかった。
そして、息苦しい。身体がだるい。すぐ疲れる。
時々、視線の端っこあたりで星が飛んでいたりする。

やらなければならない仕事も、やる気が起きない。長時間仕事ができない。
これはつらかった。でも外でそれを言うと心配されるから、あまりおおっぴらに言えない。ただ大学で授業していると、100分たつときには完全にバテている。
僕の授業は、僕が話すのなんて10分くらいしかない。立って学生たちと向き合っているだけでバテるのだ。

退所(4月12日)から3週間、その状態が続いた。
咳が出ないと思ったら翌日またぶり返したり、ちょっと元気になったと思ったら翌日は寝込む。
いったいなんなんだこれは?と思ったら、ちょっと古いがこんな記事があった。

いや、これはもう、本当にそうなのよ。つらいのよ。やる気ないのよ。この状態、もっともっと知らせなければ、と思い見てみると、ここにもこんな記事が。

そしてYouTubeでもこんな動画を発見した。ウクライナ関連報道で最近僕がお気に入りの「テレ東ワールドポリティクス」の豊島晋作さんがコロナになった話も、僕のケースとほぼ寸分違わず同じような症状だった。これは1年前くらいの動画だ。

(21:45くらいから後遺症の話になります)

もちろん、症状と同様、後遺症も人それぞれ、軽重ある。
無症状の人もいれば、もっと重い症状の方もいる。だから一概には言えないが、多分これは言えるのは、

「新型コロナウィルスは、ウィルスが体内にいる時だけ体調が悪くなるのではなく、身体を壊して去っていくので、後遺症が残る」

ということなのだと思う。そして壊すのは、僕や多くの人にとっては肺なのだ。
だから咳も出るし、息切れもするし、疲れると。頭の酸素が回らないから思考力が減退すると。
療養中でもその後でも、肺の状態は同様に傷んでいた、ということと思う。

で、それがどこまで続くのかも人それぞれ。
僕の場合は、ゴールデンウィークに入った4月29日から3日連続で、ほぼ何もせず寝続けた。そうしたらだいぶ回復し、本日現在では咳も全く止まり、息切れもせず、疲れもだいぶ取れてきた。健康体というのはこういうものか!という感じだ。まだ安心はできないが、ここ3日ほどで劇的に改善しているから、ようやっと状況が変わってきた、ということだろう。

発症から1ヶ月、隔離終了から3週間経ってようやっと「新型コロナウィルス感染症」は完治した、ということと思う。ウィルスで人に感染させる症状は発症後10日として、完治は別なのだな。

そこは、もっと世の中に知ってもらわねば、と思いこの記事を書いた。
新型コロナウィルスは、ウィルスが身体から出てからも症状は残る。それを後遺症というが、違うのだ。完治するまで、時間がかかる、ということだ。

かかった方も、まわりの方もぜひ、ご留意ください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
今後もご期待ください!ありがとうございマッスル!
伊藤羊一 Voicyパーソナリティ
Zアカデミア学長(Zホールディングス)/武蔵野大学アントプレナーシップ学部長(武蔵野EMC,2021年4月開設)/株式会社ウェイウェイ代表。著書53万部超の「1分で話せ」(2もあり)「0秒で動け」「1行書くだけ日記」「ブレイクセルフ」「FREE FLAT FUN」など。