見出し画像

NIKKEI STYLE連載 市原えつこさん「フリーランスの仕事術」

日経COMEMOでは、KOLの方々をさらに知っていただくための取り組みとして、日経COMEMOへの投稿をもとにした連載をNIKKEI STYLEで行っています。NIKKEI STYLEは、日経電子版の「マネー・ライフ(NIKKEI STYLE)」からご覧いただけます。

少し前になりますが、2019年12月には第1弾の取り組みとして、メディアアーティストとして活躍中の市原えつこさんが連載を掲載しましたのでご紹介します。

義理と人情のフリーランス道 会社の辞め方が成功左右 

連載第1回目では、大手ネット企業を経て独立した自らの経験から、フリーランスとして活動していくための極意を語ります。
会社員時代には副業でアーティスを活動を行っていた市原さんですが、そのメリットとデメリットやフリーになるに当たって注意すること、会社員時代にやっておいた方がよいことを具体的に語っています。

時間密度が爆上がり フリーランス向け集中力向上術

第2回目は「やる気」について。
市原さんはフリーランスにとって大事な「やる気」を、働く場所、睡眠、人付き合いと時間の付き合い方などを工夫してキープしていますが、やる気が出ない自分に対して罪悪感をかじる必要はなく自分を”放牧”することも必要だと語ります。

肩書は名乗った者勝ち フリーランスの自己演出3カ条

第3回目は「セルフマネジメント」について。
事務所に所属せずセルフマネジメント、セルフプロデュースで活動する市原さんが、プロに限らず個人での活動を発信しようとしている人に向けて、肩書の名乗り方、SNSなどでの情報発信、名刺について語ります。

国境越えようフリーランス 「恥かく勇気」が扉を開く

最終回は「海外進出」がテーマ。
今や誰しも無関係ではいられない海外とのつながり。突然海外への扉が開かれた市原さんが、海外に出て行くときの度胸と準備について、ご自身の経験をもとに語ります。

◇ ◇ ◇

以上、NIKKEI STYLEでの4回の連載をご紹介しました。
市原えつこさんの投稿をまだ読みたい方は、以下のページからお楽しみください!

◇ ◇ ◇

KOLの方々の最新の連載は、以下からご覧いただけます!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

日経が推す各界キーオピニオンリーダーの知見が集まるCOMEMOは「書けば、つながる」をスローガンに、個人の意見を発信するビジネスパーソンを応援しています。

これからも日経COMEMOをよろしくお願い致します!
9
日本経済新聞社が運営するビジネスパーソンのための知見共有サイト「日経COMEMO」の公式アカウントです。あらゆるビジネスパーソンが発信することで視野が広がり、新たなつながりを生み、ビジネスシーンを活性化していくことを目指しています!

この記事が入っているマガジン

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 14113本

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、良い投稿については、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。