日経COMEMO

7710

日経COMEMOはじめての方へ

はじめまして、日経COMEMO(コメモ)運営チームです。 私たちは、日本経済新聞社がnote上で運営している投稿マガジン【日経COMEMO】の運営チームです。現在のメンバーは6名。日経の中で、新規事業にチャレンジする部門として、日々、試行錯誤を繰り返しながら活動しています。 ◇        ◇   …

職業選択の自由アハハン♪ 令和の時代に #複業の壁 なんてあるの?

「職業選択」といえば、このCMを想起してしまう1979年(昭和54年)生まれの島袋です。「男女雇用機会均等法」は1986年に施行だったようです。こちら、当時話題になった楽曲名「憲法第22条の歌」(すげぇタイトル。なんと、シーナ&ザ・ロケッツ!!)(あれ?僕当時7歳?そんな時の記憶も残ってるのか。すご…

就職ランキングは要注意!!

こんにちは、めがねシャチョウです。 コロナの状況下で2021年3月卒の方でまだ就職先決まってない方多いと思います。 皆さん就職や転職を考えたとき、一度は「就職したい企業ランキング」なるものを見たことがあるのではないでしょうか? この類のランキングの上位は、コンサルや商社、広告代理店な…

Googleフォトの有料化は、ブランドを傷つけかねない

Googleは、無料で利用できていたを写真管理サービスを、2021年6月以降に累積で15GB以上の写真や動画をアップロードした場合に、有料へと切り替えることを告知しました。 この発表に対して、多くのユーザから、戸惑いや不満の声が上がっています。 一定量まで無料で利用でき、それを超えた場合に課金…

住宅ローン減税、控除額や床面積見直しへ 40平米以上の住宅を探すのはトクなのか

政府は住宅ローンの控除額を2022年度にも見直す方針で調整しています。現在は借入残高の1%が所得税から控除される仕組みです。低金利化では変動金利で借りていると1%を切る場合もしばしばあります。そうなると、逆ざやが発生してトクになるという現象が発生してしまうことも出てきます。 そこで、実際…

米中対立と5Gを軸に考える、欧州スタートアップに注目する理由

ヨーロッパの代表的なスタートアップ関連イベントの1つである ウェブサミットが日本でも開催されることになった。 ヨーロッパ発の同種のイベントでは、スラッシュが既に日本で開催されているがそれに次ぐものとなる。 徐々に他の国や地域にも目が向くようになってはいるものの、どうしてもスタート…

出世レス社会―コロナ禍、これからどうなる③

“営業は歩いてなんぼ、汗かいて日参してなんぼ、お客さまのところに徹底的に入り込むんや”と上司。“部長、もう、そんな時代ではないですよ”と部下。 上司と部下の会話。テレワーク時代、ガッツをしめす、ど根性、気合と根性の人間関係セールスだけでは通用しない。コロナ禍で、ついに「昭和の営業…

「実質金利低下でドル安・円高」予想の注

実質金利を持ち出す風潮について 国際金融市場が「金利差なき世界」に陥ったことで、名目金利差から為替レートを議論することが難しくなっています。こうした状況下、「実質金利の低下がドル安をもたらす」という主張をそこかしこで目にするようになっています。時期的に21年展望を聞かれることが増え…

11月から新しく「川久保岳彦さん・堀田陽平さん・山下貴嗣さん・野村恭彦さん・木村昌史…

こんにちは、日経COMEMO運営チームの広報係です。日経COMEMOは、日本経済新聞社がnote上で運営しているマガジンで、様々な分野から厳選した新しい時代のビジネスリーダーたち(現在約80名)から、毎月約200本の投稿が集まっています。 私たち運営チームは、すべてのビジネスパーソンが日経新聞に掲載…

道徳的な大義名分なんかで、人が本気で消費行動すると思ってんの?

アイドル消費というのは応援消費なのか?について考えてみたい。 かつてCDが何百万枚も売れた時代もあった。しかし、1998年の6075億の市場規模を頂点として、以後衰退した。2017年には、2320億円と最盛期の半分以下に落ち込んだ。唯一、2012年だけは前年比を超えて3000億円超の売上となったが、その年…

みなさんが考える #複業の壁を教えてください!【日経 働き方イノベーション面連動】

こんにちは、COMEMOスタッフ山田です。「働き方」について新しいご意見募集のお知らせです。 日経COMEMOは、日経朝刊「働き方イノベーション」面と連携し、記事の内容に沿ったテーマでみなさんの投稿を募り、そのなかからこちらで選んだ投稿2~3本を日経新聞朝刊でご紹介しています。 こちらは11/2…