日経COMEMO

8368
固定された記事

日経COMEMOはじめての方へ

はじめまして、日経COMEMO(コメモ)運営チームです。 私たちは、日本経済新聞社がnote上で運営している投稿マガジン【日経COMEMO】の運営チームです。現在のメンバーは6名。日経の中で、新規事業にチャレンジする部門として、日々、試行錯誤を繰り返しながら活動しています。 ◇        ◇   …

子育ての経験を「人材育成」に活かせる理由。人のポテンシャルを伸ばす10カ条とは。

皆さん、こんにちは。 今回は「教育・育成(人の能力の伸ばし方)」について書かせていただきます。 日本では98%の子供が公立小学校に通い、同じ学習指導要領のもと、似たような教室のなかで教職免許を持つ教師による検定された教科書に沿った授業を受けます。これだけ標準化された義務教育制度のなか…

DXは、人の自然な活動に、デジタルを組み込むこと。今からでも、ワクチン予約の方法にDX…

自治体でワクチン接種のデジタル業務で混乱  コロナ禍になり、私たちの生活のデジタル化は加速している。デジタル・トランスフォーメーション(DX)という言葉も一般的になってきた。私たちは、コロナから、このように「デジタル」について、理解して、学んでいる。  まだ、デジタルについても学んで…

教えてください!あなたが考える#理想の家族

日経COMEMO投稿募集企画、今回のテーマは「#理想の家族」。 COMEMOキーオピニオンリーダーの日比谷尚武さんが理事を務める一般社団法人Public Meets Innovationとのコラボ企画として開催します。 ◇        ◇        ◇ 今、私たちが「家族」について考える理由 「専業主婦世帯」と「共…

ワクチンの規定する経済成長と通貨の強さ~ワクチン敗戦と呼ばれて~

調整相場でも重要なことは変わらず 4月に入り、ドル高相場がピークアウトしています。対円では108円割れを臨み、対ユーロでは1.20台に復帰するような地合いです。過去のnoteでも議論しましたが、やはり今の世界経済はコロナ抑制状況(端的にはワクチン接種率)に依存しており、各国の成長率格差にそれ…

「共感のサーキュラーエコノミー」PASS THE BATONは、今、なぜ倉庫を空っぽにしたいのか

こんにちは。スマイルズの野崎です。花粉症もひと段落。ずいぶんと心理的安全性が担保された陽気になってきました(笑)。 さて、来る4月23日(金)から3日間、PASS THE BATONは「PASS THE BATON MARKET vol.4」をコクヨ東京品川オフィスビル「THE CAMPUS」にて開催します。 企業の倉庫に眠っていた…

誰もが平等に学習し挑戦できるプログラミングスクールを目指す、 CODEGYM の挑…

あらゆる業界にDXの波が押し寄せ、できるソフトウェアエンジニアは引く手あまた。 学生の将来なりたい職業にもITエンジニアやプログラマーが入ってくるようになり、名実ともにソフトウェアエンジニアは人気職業になってきつつあります それに伴い、大学や高専でエンジニアリングを学んでいない人でも…

日本人は「客観的集団主義」であるが、「主観的個人主義」なのである。

GW狙い撃ちで緊急事態宣言ですか…。いつまでやるんですかねえ。 陽性者の数じゃなく死亡者の年齢構成をちゃんとみれば、死亡者の97%が60代以上です。97%ですよ!だったら、出すべきは「ジジババ・ロックダウン」でいいんじゃないの?と本気で思います。 そして、その方が高齢者の命も救うし、経済…

アート思考を巡る豊かな研究蓄積:Arts-Based Initiatives (A…

「アート思考」という言葉は、日本において2017年ごろから急速に普及してきた。これは、アートの役割や影響力が拡張していくという動きが、新しく革新的なビジネスやサービスをなかなか生み出せていないというビジネス上の問題意識とちょうど上手くマッチした結果生まれてきた動きである。 その一方で…

今、なぜポケモンカードが売れるのか ― コロナは終わらない(上)

ポケモンカードが売れている。ネット時代にカードという現物が売れている。それも車が買えるポケモンカードがある。家が買えるほど高く取引されるポケモンカードまである。だれが売ってだれが買うのか。かつてのポケモンカードブームとは明らかにちがう。かつての子どもたちが実家の子ども部屋に残して…

内と外とを分けるのは無意識のバイアスだ

こんにちは、電脳コラムニストの村上です。 ※ 本記事は日経朝刊 投稿募集企画「#外国人社員に何を期待しますか」への寄稿です。 わたしは40歳にして初めて米国本社のグローバル企業で働くことになりました。それまでは海外留学も在住も経験がなく、日系企業で東京で働き、国外にはたまに出張にいく…