マガジンのカバー画像

日経COMEMO

13,367
日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEM …
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

日経COMEMOはじめての方へ

はじめまして、日経COMEMO(コメモ)運営チームです。 私たちは、日本経済新聞社がnote上で運営している投稿マガジン【日経COMEMO】の運営チームです。現在のメンバーは6名。日経の中で、新規事業にチャレンジする部門として、日々、試行錯誤を繰り返しながら活動しています。 ◇ ◇ ◇ まずは、日経COMEMOについて簡単に自己紹介させてください。 日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のビジネスリーダーたちから、毎月約200本

イノベーションのための、「respectfulness」のすゝめ

こんにちは、メタバースクリエイターズ若宮です。 今日はこれからの(特に起業家の)資質・スキルとして、「respectfulness」(と「thankfulness」)が大事なんじゃないかな、というお話を書きたいと思います。 IVS KYOTO 2024の「Cross the boundaries」先週、IVS(Infinity Venture Summit)というスタートアップのカンファレンスに参加士に京都に行ってきました。 IVSはスタートアップやベンチャーを中心とし

「シェフではなくシュフ」平野レミに見る仕事の本質

土曜の昼下がり、NHKの再放送で以下の番組をたまたま昼食とりながらみていたが、とてもいい番組だった。 当然、平野レミさんという方は「料理の人」としては存じ上げていたが、お父さんがハーフの人だったこととか、高校に下駄履いて行ったら先生に叱られて、結局中退した話とか、もともとシャンソン歌手としてデビューして、久米宏とラジオ番組のパーソナリティをやっていた話とか、いろいろと知らななかった話ばかりだった。 芸能活動はしていたけれども、内心はそれも肌には合わないと感じていて、そんな

Apple Vision Pro向けアプリ。現時点では、「日経空間版」が、No.1体験だと感じている。

職務として、XR領域を生業としているので、会社でAppele Vision Proを購入しました。(個人では買っていてない。)先週、届きました。 片っ端から、App Storeにローンチされいるアプリを試していきました。(主に無料のものから。) iPhoneが市場に発表された時と同様に、まだまだApp Storeには、アプリの数は多くありません。日本国内のアプリ開発会社でVision Pro専用のアプリをリリースしている会社は、まだわずかです。 iPhone(iOS)やi

問題は投機が去った後~円急騰について~

投機の巻き戻しは予定調和 木曜から金曜にかけて円相場の急騰が報じられています。為替介入の有無について私はコメントする立場にはありませんので真偽は分かりませんが、日銀当座預金の資金需給動向から察するに3兆円規模で実施されたという見立てが多くなっています: まず契機は11日発表の米6月消費者物価指数(CPI)でこれは前年同月比+3.0%と市場予想の中心を若干下回る結果となりました。これに合わせて米金利とドルはまとまった幅で下がり、ドル/円相場も161円台から一時157円台前半ま

いま、ビジネスパーソンがLinkedInを選ぶべき理由

LinkedInの国内のユーザー増が加速しています。新規で投稿する人が増えていますし、「いいね」などリアクションの総数も増えています。たとえば5年前、2019年あたりは投稿もまばらで、反応も多くありませんでした。(元・LinkedIn編集部の佐々木希世さんも、最近の投稿・コメントで「当時はまるで砂漠のようだった」と証言されています) 以前は投稿へ3桁の「いいね」が付くことなどは珍しかったのですが、今は200、300以上のリアクションを獲得するユーザー投稿も珍しくなくなりまし

ユーロ圏のインフレの方向性とECBのアクション

ユーロ圏のディスインフレの勢いは依然として弱い。6月のユーロ圏総合インフレ率は、前年同月比+2.6%から同+2.5%に小幅減速。全体的な物価のトレンドが依然としてディスインフレ方向であるものの、ユーロ圏の物価圧力が依然として解消されていない。 ECBにとって懸念されるのは、総合インフレ率改善の原動力になったのがエネルギー価格と食品価格の穏やかな低下であったことであり、いずれも国内の需給環境との結び付きは弱い。基調的物価圧力は依然として強く、コアインフレ率は前年同月比+2.9

日経平均初の4万円台突破から大谷翔平選手の結婚まで:2024年上半期のニュース総まとめ

こんにちは。日経COMEMO KOLを務めていますAnother works代表の大林です。複業したい個人と企業・自治体を繋ぐ総合型複業マッチングプラットフォーム「複業クラウド」を運営しております。 2024年上半期が終わりましたので、日経電子版と共にこの半年間を振り返ってみたいと思います。私の視点で各トピックスを解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。 1月:新年早々の悲劇と希望2024年は、悲しいニュースから始まりました。1月1日、石川県能登半島で大地震

「投票」について思うこと。

お疲れ様です、メタバースクリエイターズ若宮です。 先週都知事選とかもありましたが、今日はちょっと「投票」について書きたいと思います。 選挙を戦いではなく、ピッチコンテストだと考えてみる今回の都知事選は投票率が前回より5ポイント以上高く6割を超えたそうですが、国政選挙になると6割を切り、日本ではそもそもの投票率が低いですよね…。 台湾などと比べると、投票率を上げていくことが本当に大事だなと思います。 選挙のたびに毎回思うのですが、そもそも選挙を「選挙戦」と呼び、「勝った

世界の成り立ちなんてはっきり分かる訳がないーーパオロ•ジョルダーノ『タスマニア』を読む。

何かの専門家が自らの領域のことで良い仕事をすると、さすが、と他人から言われる。その人が専門以外のことで良い結果を出すと、ひとつのことがてきると他に応用できるのですね、とか言われる。 ベースがあるんですね、とか。 例えば、人は他人の専門を生業と捉え、大雑把にその当該の人生の7-8割の価値のように評価し、残りを、まあ、いろいろとあるよね程度に見やすい。 だが、人の人生はそんなシンプルに区切れない。複雑とか、そういう言葉で括れないくらいにさまざまな要因に絡めとられ、かつ、自ら

「問い」の質こそがビジネスのインパクトを決める 「おもしろい問い」の生み出し方

アートにおいて「問い」が重要であることは良く指摘されているが、それはビジネスでも同じであろう。 ビジネスにおいては、「問い」が明示的に示されることは少ないが、企業のビジョンや目標は、問いを裏返しにしたものであることも少なくない。 例えば、Googleの「世界中の情報をアクセス可能にする」というミッションは、「なぜ我々は必要な時に、必要な情報にアクセスできないのか?」という問いの裏返しである。 あるいは、Amazonの「最もお客様を大切にする企業であること」は、「なぜお客

リモートでも生産性を落とさず働くには?フルリモートで働くZ世代の会社が意識している3つのこと

コロナウイルスの影響により、多くの人が働き方を変えざるを得なくなった2020年から4年。働き方のなかで、もっとも顕著に変化したのはリモートワークで働く会社の増加です。 自分や家族の時間が増えたり、自分の好きな環境で仕事ができたりと、メリットを存分に活かして自分らしく働けるようになった方は少なくないですよね。 厚生労働省が公表するデータによれば、2020年を境に半数以上の会社がリモートワークを導入したことがわかります。 一方で、アフターコロナでは「出社したい」「リモートワ

別次元の人が頑張るニッポンに―誰からリストラする?(下)

日本の組織には独裁者、カリスマは合わない。そんな人が社会に現れても、長くは君臨できない。平清盛、織田信長、豊臣秀吉、大久保利通しかり、日本は突出したリーダーにはついていけないと考えるーそれ、本当? 組織のなかに、飛び抜けた人がでている。しかしみんな一緒、みんな仲良しの組織のなかでは、みんなと違う、場を乱す人とみなされ、別次元の人は浮き、排除されるーそれで、いいの? 1 別次元の人に実力を発揮させないといけない しかし飛び抜けた人が、社会を、産業を、組織を、日本を進歩さ

資産運用スキルのレベルが、キャリア選択の幅を大きく変えてしまう時代に

高卒の求人が増えているという。 背景には、人手不足も手伝って、高卒に対する企業の採用意欲が高まっていることがある。一方で、若年人口が減少しているため、大学にも行きやすくなっているということもあるのだろうか、高卒で就職を希望する人は減っているのだという。 こうして高卒者の採用が人材の取り合いになっていることとも関連し、人手不足という背景もあって、大卒・高卒を問わず、待遇の改善も進んでいる。この待遇改善は課題として認識され、今後対応が進んでいくことになるのだろう。 それにし