見出し画像

100人全員がマーケティング思考を持っている組織は強い

この2つの組織はどちらがマーケティングの成果が出やすいだろうか?

①1人の優れたマーケターがいる組織
or
②100人全員がマーケティング思考を持っている組織

自分の考えです。

成果を出しやすいのは、
②100人全員がマーケティング思考を持っている組織
なのではないかと考えています。

自分が10年近くマーケティングの世界に関わってきていて、一番成果が出た組織はこのような特徴がありました。

・誰に聞いても市場規模、競合、差別化要素、顧客課題についての考察が論理的かつ意思を込めて返ってくる

・誰が偉いとか、誰が担当とかではなく、顧客・市場に対して一番詳しい人が決める

その組織にマーケティング部はありませんでした。

マーケティングという言葉を使わなくても、全員がマーケティング思考をもっている。

全員が顧客の課題を解決することに当事者意識をもっている。

だから、
・戦略と実行が繋がっている
・意思決定が早い
・仮説を検証して次のアクションにつなげる
といった、マーケティングの現場で重要だと言われていることを抑え成果を出せるのだと感じました。

仮説
1人の凄いマーケターがいるわけではなく、全員がマーケティング思考をもっている組織をつくれると、より日本の産業にとってプラスになるのではないか?

マーケティング思考を身につけるべきはマーケター以外

なので、マーケターの筋トレとして提唱しているマーケティングトレースは、マーケターではない、事務職やエンジニアといった方々にこそやってもらいたいと考えています。

営業×マーケティング
デザイナー×マーケティング
エンジニア×マーケティング
総務×マーケティング

といった、マーケティングは掛け合わされた時に威力を発揮する領域だと考えています。

マーケティング思考はマーケターだけのものではなく、仕事を楽しみ、成果を出し、関わる人全てをハッピーにするために重要なもの。

そういえば、1億総マーケター時代と誰かと話しているときに盛り上がった記憶があります。

マーケティング思考と組織を考える上での参考記事

才流の栗原さんの記事が、マーケティングの成否は基本に忠実に実行することだと、非常にうまく表現されています。

栗原さんと一緒に作成した「マーケティング・パターン」もマーケティング思考を組織に根付かせて、再現性のある形に変えたいと思って作成しています。


マーケティングの仕事は複雑に考えないようにしたい。

マーケティングをシンプルに捉えるとこの3つに要約されるのではないでしょうか?

①市場と顧客の課題を定義する
②課題を理解する
③課題を解決するために基本を抑えて実行する

マーケティング思考を、より多くの人に根付かせるためのトレーニングとして、#マーケティングトレース は広めていきたい。

🐼🐼🐼🐼
118
マーケターの筋トレコミュニティ #マーケティングトレース 主宰/日本のマーケティングリテラシーを底上げしていきたい。ブランディングテクノロジー(株)執行役員/パンダが好きなので上野の近く在住🐼

この記事が入っているマガジン

マーケティングトレース/マーケターの筋トレ
マーケティングトレース/マーケターの筋トレ
  • 529本

マーケティングトレースに関する記事をまとめたマガジンです。マーケティング思考力を磨くためのヒントとなるnote記事を集めて発信していきます。 ●マーケティングトレースとは 成功企業の裏側にあるマーケティング戦略を、言語化・図解してトレース(分析)し、最後は「自分がCMOだったら?」を考えるトレーニング(マーケターの筋トレ)です。 ●マガジンの仕組み マーケティングトレースを実践した際は、ぜひハッシュタグ #マーケティングトレースをつけて頂ければ、こちらのマガジンに登録します! ●マガジンを活かす方法 自分以外のマーケターがどんな視点で企業の戦略を分析しているのかを眺めて、ご自身の仕事に活かして頂けたら幸いです。 Facebookグループではイベント情報や、関連情報を共有しております。 https://www.facebook.com/groups/170199097028005/

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。