子安大輔さん(日経COMEMO KOL)の投稿が日経朝刊「私見卓見」に掲載されました。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

子安大輔さん(日経COMEMO KOL)の投稿が日経朝刊「私見卓見」に掲載されました。

日経COMEMOのキーオピニオンリーダーとして活躍中の子安大輔さん(カゲン代表取締役 / 飲食店コンサルタント)の記事が、4月15日(木)の日本経済新聞朝刊に掲載されました。

テーマは「飲食業、食体験磨き価値向上を」です。

▼公開された紙面はこちらです。

日経COMEMOでは、日経新聞の担当者がCOMEMOに載っている投稿を選び、再編集して日本経済新聞本紙「私見卓見」で紹介する連動企画を行っています。

▼これまでの「私見卓見」掲載一覧はこちらです。

今回は、日経COMEMOのキーオピニオンリーダー子安大輔さんの投稿が掲載されました。

子安さんはこれまで、数々の飲食店のプロデュースを手掛け、繁盛店を作り上げてきた方です。この1年、コロナ禍で飲食業界が苦境に立たされる中、飲食店の方にも参考になるような知見を、惜しみなくCOMEMOに共有してくれています。

子安大輔さんのプロフィール
1976年生まれ、神奈川県出身。99年東京大学経済学部を卒業後、博報堂入社。食品や飲料、金融などのマーケティング戦略立案に携わる。2003年に飲食業界に転身し、中村悌二氏と共同でカゲンを設立。飲食店や商業施設のプロデュースやコンサルティングを中心に、食に関する企画業務を広く手がけている。著書に、『「お通し」はなぜ必ず出るのか』『ラー油とハイボール』。

さらに先日、日経COMEMOと日経MJ「消費を斬る」との連動企画で開催されたイベントにも登壇され、コロナで最も注目されている料理人の一人レストラン「sio」オーナーシェフの鳥羽周作さんとの対談が、大好評をいただきました。

▼イベントの内容はこちらでご覧いただけます。


子安さんの投稿をはじめ、現在約80名のビジネスの未来を切り開くキーオピニオンリーダーたちが、日経COMEMOにその知見を投稿しています。

日経COMEMOについてさらに詳しく知りたい方は、こちらのコンセプトムービーをご覧ください。

◇        ◇        ◇

▼運営チームによる【日経COMEMO公式note】はこちらです。

▼日経COMEMO公式Twitterアカウントはこちらです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日経COMEMO公式

日経が推す各界キーオピニオンリーダーの知見が集まるCOMEMOは「書けば、つながる」をスローガンに、個人の意見を発信するビジネスパーソンを応援しています。

今後もよろしくお願い致します!
日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。リーダーたちの投稿の他、運営メンバーの活動/毎月開催のイベント情報、みなさんも参加できる投稿募集のお知らせ(日経新聞に掲載されるかも!!)も発信します。