見出し画像

自社のビジネスにアニメやアニメキャラクターをどのように活用できるのか? クールジャパン熱をビジネスへ。

こんにちは。本イベントを企画させて頂いたCOMEMOスタッフの井木と申します。今回はイベントのご紹介と企画した経緯をご紹介したいと思います。

企画の経緯「アニメ業界と仕事をしたくてもきっかけも繋がりも見つからない・・・」

日本経済新聞で新規事業担当となってから、自分が大好きなアニメ業界と何か仕事をしたいと考えていました。

しかし・・・アニメ業界の知り合いがいるわけでもなく、いきなりアニメ会社に企画を持っていくイメージも沸かずに困っていました・・・

手当たり次第、アニメ関係者の交流イベントをFacebookなどで探して参加をしましたが、アニメ業界内部のイベントが多く、業界外の自分は輪の中に入れず有効な関係を構築できずにいました。

その後、たまたま別のきっかけ(某アイドルのファン同士)で、アニメ業界に繋がりを持つ方に業界関係者をご紹介頂き、道は開けたのですが自力では難しかったと思います。

そこで、自分のようなアニメ業界と仕事をしたいけど、アニメ業界から遠くつながりもきっかけも無い方の少しでも力になれるイベントを開きたいと思い今回企画をさせて頂きました!

企画概要

前置きが長くなりましたが企画内容をご紹介させて頂きます。

イベント概要
主催  :日本経済新聞社
共催  :アニものづくり、博報堂
開催日時:2019年3月7日(木)17:00~20:30 (開場 17:00 開演17:30)
場所  :日本経済新聞社 東京本社ビル2階 SPACE NIO
参加費 : 一般      6,800円
     電子版有料会員 4,800円
人数  :60名

タイムテーブル
17:00 開場
17:30 開演
17:35 企画者挨拶
17:40 登壇者セッションパート
平澤 直氏(アーチ株式会社 代表取締役)
林 龍太郎氏(株式会社博報堂 ガリガリ編集部所属 コンテンツディレクター・編集者)
青山 龍氏(ソニーモバイルコミュニケーションズ 株式会社)
上原ひとみ氏(株式会社読売広告社 次世代モノづくり研究所 ライツプロデュース部プロデューサー)

19:20 名刺交換・交流会
※軽食(サンドイッチ・パスタ等)とドリンクをご用意します
20:30 終演

マッチング方法
・参加者は「一般企業」「アニメ企業」で札の色が分かれています
・希望のあったアニメ企業のフライヤー・名刺を自由にお持ち頂けます。
・名刺交換ができなかった場合は名刺受けをご用意しておきます
・名刺交換には登壇者も交えて行います

ご登壇者詳細

平澤 直
アーチ株式会社 CEO
アニメ企画開発・プロデュース会社「アーチ」代表取締役
バンダイビジュアル㈱→㈱プロダクション・アイジー→㈱ウルトラスーパーピクチャーズを経て17年11月より現職。
代表的なプロデュース作品は「猫がくれたまぁるいしあわせ」「ID-0」「ブブキ・ブランキ」「モンスターストライク」「ウルトラスーパーアニメタイム」など。 前職Production I.G時代には、「翠星のガルガンティア」「ブレイク ブレイド」「輪廻のラグランジェ」などのプロデュースを手がける。

林 龍太郎
コンテンツプロデューサー/編集者。 ベルギー生まれ。荒川区育ち。ユースカルチャー誌『QUICK JAPAN』(太田出版)編集部などを経て、2008年に博報堂に入社。 アニメ、マンガ、ゲームをなど活用した企業コミュニケーションを手がけるクリエイティブチーム「ガリガリ編集部」を設立。 企業のアニメCM、コラボ商品開発、グッズマーチャン、イベント出展、海外アニメイベント業務など数多く担当。 企業・広告とアニメのコラボ事例を紹介するビジネスニュースサイト『ガリガリ』編集長。 企業とアニメのコラボレーションの表彰イベント「アニものづくりアワード」の特別審査員を担当。

上原ひとみ
株式会社読売広告社 次世代モノづくり研究所 ライツプロデュース部プロデューサー
新卒入社後、営業を経て、現在、チェブラーシカ/メルちゃんを担当。
現職の次世代モノづくり研究所では、広告会社の従来の業務領域にとどまらず、YOMIKOの得意領域である「アニメプロデュース」「ローカルプロモート」のノウハウをベースに、「世の中を動かす、モノ・コトとつくる」をテーマに事業を創出。ライツプロデュース部では、映像化50周年を迎えたロシア生まれのキャラクター「チェブラーシカ」、パイロットインキ(株)の人気商品で、女児向け抱き人形の国内マーケットNo.1の「メルちゃん」やテレビ番組でお馴染みの「アヒル隊長」、ウチヤマユウジ氏原作の「野良スコ」などの国内窓口として、プロパティビジネスを展開している。



青山龍
ソニーモバイルコミュニケーションズ 株式会社 第3ビジネスユニット 事業推進1課所属 プロダクトプランナー。「Xperia Ear Duo」のソードアート・オンラインとのコラボモデルなどを手掛ける。

ご参加お待ちしております。

少々お値段は高くなっておりますが、たっぷりのセミナー内容と濃厚な交流会(軽食&ドリンクもご用意)で、満足度の高いイベントを目指しますのでよろしくお願い致します。

お申込みはこちら:


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

日経が推す各界キーオピニオンリーダーの知見が集まるCOMEMOは「書けば、つながる」をスローガンに、個人の意見を発信するビジネスパーソンを応援しています。

感謝してます。このご恩を忘れません。COMEMO
11

COMEMO by NIKKEI公式

日本経済新聞社が運営するビジネスパーソンのための知見共有プラットフォーム「COMEMO」の公式アカウントです。あらゆるビジネスパーソンが発信することで視野が広がり、新たなつながりを生み、ビジネスシーンを活性化していくことを目指しています!

COMEMO by NIKKEI

日経が推す各業界キーオピニオンリーダーたちの知見をシェアします。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 はじめての方へ→ https://bit.ly/2DZV0XM 【...
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。