一人ひとり違った「普通」【日経朝刊連動】#究極のバリアフリーとは 投稿まとめ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

一人ひとり違った「普通」【日経朝刊連動】#究極のバリアフリーとは 投稿まとめ

日経COMEMOスタッフの山田です。こんにちは。月2回掲載の日経朝刊「働き方イノベーション」面との連携企画、今回は皆さんからいただいた投稿をご紹介いたします。

8/9(月)日経新聞朝刊の記事です


こちらは8/9(月)日経朝刊記事です。「どこにいても働けますか」シリーズ、今回は、障害を持つ方のテレワークを取り上げています。

障害者のテレワークに改めて関心が高まっている。新型コロナウイルスの感染拡大も背景に、就労意欲のある地方在住の障害者と、障害者雇用のニーズが高い都市圏の企業とをつなぐ効果の高さが再認識されているためだ。十分に生かされてこなかった障害者の力を開花させ、企業の多様な人材活用を加速させる可能性がある。

日経COMEMOで投稿を募りました「#究極のバリアフリーとは」


日経COMEMOではこれに関連して、究極のバリアフリー、について意見募集しました。

〇環境を整えれば、障害はなくなる、という考え方について、あなたはどう思いますか?コロナによる障害者の暮らしの変化は、社会にどんな変化をもたらすと思いますか?
〇バリアフリーの先、にあるものはなんでしょうか?どんな社会が待ちうけていると思いますか?
〇究極のバリアフリーとは何だと思いますか。

こちらは日経朝刊でご紹介した投稿です


今回は皆さんからいただいた投稿のうち、7/26付の働き方イノベーション面では、 小島雄一郎さん、富永朋信さん、高橋ゆきよさんのご意見を紹介しています。

小島雄一郎さんは「バリアとは障害のことで、障害とは『人』ではなく『社会』にある」といいます。そして物理的なバリアフリーが進んだ先にある、心理的なバリアフリーにとって必要な視点が「歩けるのが普通」といった、普通という発想をなくすことだと主張。「人は一人一人異なる普通がある。社会から普通をなくすことが、究極のバリアフリーをつくる」と指摘していました。

富永朋信さんは、バリアは人の心の中にあると指摘します。不自由がある人の不自由さにはいろいろあり、それをひとくくりにする必然性はまったくないといいます。「バリアとなっているのは心の中で恣意的に決めた、人やグループや国を隔てる、見えない、根拠のない壁だ」。不自由がある人もむしろ多くの共通性をもつ仲間であり、そう考えると相互の思いやりや血が通ったコミュニケーションが生まれるとの考えです。

元公務員という高橋ゆきよさんは、環境だけ整えても障害はなくならないといいます。高橋さんは、障害について理解がある人がいることや、障害のある人自身が苦手なことや必要なことを伝える力が必要だと指摘していました。

このほかにも、多くの投稿をいただきました。以下、ご紹介します。

いつも投稿企画にご参加いただきありがとうございます。

次回テーマもちかく意見募集しますので、こちらもよろしくお願いします!

日経COMEMOがはじめての方へ

日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。

一人でも多くのビジネスパーソンに「書けば、つながる」を実感していただき、つながりによって生まれる新しいお仕事が、世の中をより良くすると信じています。

投稿募集企画は、皆様の発信機会を増やせればと思い、運営しています。

寄せられた投稿は、私たち日経COMEMOスタッフがすべて拝見しています。皆様のチャレンジをお待ちしております。

https://comemo.nikkei.com/menu/1371



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日経COMEMO公式

日経が推す各界キーオピニオンリーダーの知見が集まるCOMEMOは「書けば、つながる」をスローガンに、個人の意見を発信するビジネスパーソンを応援しています。

今後もよろしくお願い致します!
日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。リーダーたちの投稿の他、運営メンバーの活動/毎月開催のイベント情報、みなさんも参加できる投稿募集のお知らせ(日経新聞に掲載されるかも!!)も発信します。