見出し画像

「トップの役割 再認識」【日経 働き方イノベーション面連動】#社長に出社してほしいですか 投稿まとめ

 こんちには、日経COMEMOスタッフ山田です。月2回の日経朝刊「働き方イノベーション」面との連携企画、今回は皆さんからいただいた投稿のまとめです。今回のまとめは10/27の関連オンラインイベントにご登壇いただく藤本あゆみさんにもご協力いただいています。

まずは10/27付紙面にある記事から。テレワークシリーズの連載6回目、今回のテーマは「社長はテレワークできたのか」。こちらは味の素、アサヒグループホールディングス、MS&ADホールディングスの社長が在宅勤務やリモートワークにどう向き合ったかが書かれています。筆者はこちらも10/27のイベントにご登壇いただく石塚由紀夫編集委員です。

日経COMEMOではこれにあわせて「#社長に出社してほしいですか」というタイトルで意見募集しました。社員からみて、社長の出社や在宅勤務、テレワークはどう映っているのか、を聞いてみようと思ったのです。

COMEMOの論点、掲載紙面はこちら。藤本あゆみさんと、エバーセンスさん、黒坂宗久さんの投稿が掲載されています。

社長に出社


まずは藤本あゆみさんの投稿から。Plug and Play Japanの執行役員も務める藤本さんは「社長も働く『1人の人』だからどんな選択肢を持ってもいい」といいます。

画像1

なぜなら、社長も一つの”役割”だからです。会社はそれぞれの役割を担う人の集まりで、一人ひとりに役割があります。その役割の一つである”社長”という役割を担う人が出社するかどうか、というのは前述した通りその働き方が役割を担えるかどうかということに尽きると思います。

とはいうものの、申告出社制のPlug and Play Japanで最も多く、ほぼ毎日出社しているのが社長だとか。藤本さんは、この機会に社員が社長の働き方を知ってはどうかと提案していますが、確かに大きな会社だと社長の働き方、わからないかもしれません。

残り2本は多数いただいた投稿のうち、藤本あゆみさんとCOMEMOスタッフで、エバーセンスさんと黒坂宗久さんのご意見を紹介させていただくことにしました。藤本さんに、この2本の投稿を選んだ理由を伺いました。

この2本とも「社長ってどう言う存在だろう」と言うことが書かれています。そして、社長としての個人の存在意義に加えて、会社がどうあるべきか、会社としての存在意義についても書かれていました。今回は"社長"と言うわかりやすい人物について存在意義を問うお題だったと思いますが、同時に働く人一人ひとり、そして会社1社1社の存在意義も遠くない未来に問われるのではと考えた時に、今だからこそ考えるいいタイミングなのではと言えるのではと思ってこの2本にしました。(藤本あゆみさん)

では、2本の投稿をご紹介します。

WEBメディアを企画・運営するエバーセンスは「社長がいなくても迷わずいいものづくりに向かえる、自立した組織でありたい」と投稿しています。

タイトルの通り、「社長がいなくても、迷わずいいものづくりに向かえる組織をつくりたい」というのが、私がコーポレートとして組織づくりに携わりながら考えていることです。

同社では社長がプロダクトの意思決定から外れており、社長は「承認をする人ではなく、困ったことがあったら相談に乗り意見を言う人」。その名も「近所のものしりおじいちゃん」だとか。

一方、黒坂宗久さんは「働く場所が大切なのではなく、社長自身がどの仕事に打ち込むべきなのかをしっかりと考えることが大切」と投稿。そのうえで社長がビジョンを発信することの重要性を訴えていました。

このほかにも、たくさんの投稿をいただきました。

以下、このほか日経COMEMOにいただいた投稿をご紹介します。

素晴らしい投稿の数々、ありがとうございます。

投稿募集企画と連動したイベントも開催しました。

10/27(火)、投稿が朝刊に掲載された日の夜、藤本あゆみさんと、ヤッホーブルーイング代表取締役社長の井手直行氏が登壇し、社長やマネージャー、リーダーは何をすれば良いのか?について90分議論しました。イベントの模様、レポートはこちらをご覧ください。



さて次回ですが、テーマは

#複業人材を生かす組織とは


です。

・いまなぜ、複業人材が求められていると思いますか?

・複業人材に求められるのは、どんな仕事だと思いますか?

・複業人材を生かすのにあたって、どんなことが課題になっていますか?

・複業人材を生かすことができる組織とは、どんな組織でしょうか。

次回はエンジニアでありながら複業実践者、日経COMEMO KOLでもある池澤あやかさんに、集まった投稿の中から、「これは」と思う投稿を選んでいただきます。皆さんの投稿をお待ちしています!

投稿募集企画と連動したイベントも開催します!

11/10(火)20時〜、池澤あやかさんが登壇するZoomウェビナーイベントを開催します。こちらからお申し込みください。日経電子版有料会員の方は、無料でご参加いただけます(一般の方は1500円)。

日経COMEMOがはじめての方へ


日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。

https://comemo.nikkei.com/

そして、私たちが日経COMEMOを通して実現したいと考えているのは、すべてのビジネスパーソンが日経新聞に掲載される経済ニュースについて自分の考えを書いて発信できるようになること、つまり「書けば、つながる」の実現です。

しかし、「自分の意見を書いて発信する」ということは大変難しいことで、なかなかハードルの高いことだと思います。私たちは、そのハードルを少しでも下げて皆様に「書けば、つながる」を実現していただけるように、様々なサポートを用意しています。この【投稿募集企画】もそのうちの一つです。

いきなりニュース記事に対する意見の投稿が難しい方は、ぜひこちらの【投稿募集企画】からチャレンジしていただければと思います。寄せられた投稿は、私たち日経COMEMO運営チームのメンバーがすべて拝見しています。皆様のチャレンジをお待ちしております。

https://comemo.nikkei.com/menu/1371





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

日経が推す各界キーオピニオンリーダーの知見が集まるCOMEMOは「書けば、つながる」をスローガンに、個人の意見を発信するビジネスパーソンを応援しています。

今後もよろしくお願い致します!
23
日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。リーダーたちの投稿の他、運営メンバーの活動/毎月開催のイベント情報、みなさんも参加できる投稿募集のお知らせ(日経新聞に掲載されるかも!!)も発信します。

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 7635本

日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。