#社内起業家になってやりたいこと【日経朝刊 投稿募集】あなたの体験/ご意見お待ちします
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

#社内起業家になってやりたいこと【日経朝刊 投稿募集】あなたの体験/ご意見お待ちします

こんにちは。COMEMOスタッフの山田です。今回は「働き方」について、新しいご意見募集のお知らせをします。

今回のテーマは「社内起業家」です


今回のテーマは「社内起業家」です。「社内ベンチャー」という言い方をしたり、また制度としては「社内起業制度」などと呼ばれているかもしれません。

テーマとしては前回の「社内公募」から続いている感じですね。「#キャリアの社内公募制度」への投稿で、野村恭彦さんは以下のように書かれています。

社内公募で「社会に対する自分の想い」が明確になってくると、それは「一生を通しての自分のやりたいこと」につながる。それは、「自らのやりたいことの実現のために会社を使う」という、「社内起業家マインドへのシフト」につながっていく。

この社内起業家、ではどのように生まれているのでしょうか。ソフトバンクグループ(SBG)では、ノウハウをプログラムで学べるなどの社内起業家を育成する制度や、実際に新規事業を募集する社内起業制度をすでに運用しています。

オープンな環境がもたらすのは外から内への流れだけではない。内から外へ。イノベーションの芽を積極的に外に出すことで、新たな循環を生んでいるのはソフトバンクグループ(SBG)だ。
同社では社内起業が盛んだ。早朝から夜間の宅配サービス「スキャッチ!」を手掛けるマジカルムーブ(東京・港)など、新規事業会社として独立した「スピンオフ」の事例は17年度から19年度にかけて6社を数える。
SBGは16年に社内起業家の育成を後押しする制度「イノベンチャーラボ」を始めた。グループ会社の全社員や内定者が登録でき、スタートアップの知識や新規事業の企画などのノウハウをプログラムで学べる。
11年には新規事業を募集する社内起業制度「ソフトバンクイノベンチャー」を始めた。応募から最終審査までを支援し、事業化の後も専任の担当者が手厚くサポートする。こうした外に開かれた制度が、社内の活性化や社員の意欲向上につながり、イノベーションが生まれる土壌にもつながっている。

デジタル化を進めるコクヨでは、社内ベンチャーに投資する資金をあらかじめ一定の規模で確保するようです。

「22年度以降に50億~100億円規模の社内ベンチャーキャピタルをつくる。外からファンドマネジャーを招き、既存事業と組み合わせて従来の延長線上にない事業をつくる。その点でダイキン工業は手本になる。自社で独自性を追求する分野を見極めた上で、協業するスタートアップや大学から知見を取り入れている。テーマも明確だ。やり方をまねしたい」

社内起業家向けの会員制施設もオープンしていました。企業に在籍しながらも何か新しいことに挑戦したい人や、新規事業担当として自社内で事業を模索している人の事業創造を支援するそうです。

そこで皆さんのご意見を募集します


「#社内起業家になってやりたいこと」は何でしょうか。社内起業家になったことがある方は、ぜひその経験をご投稿ください。

・社業に売上高アップなどで貢献できること
・本業とあえてすこし離れたこと
・純粋に自分がやりたいこと
・社会的使命と感じていること

思い浮かぶのは、例えばこうしたことでしょうか。

また、会社側からみた効果、なども投稿いただければと思います。例えば

・公募により新規事業を立ち上げられる
・社員のやる気を引き出し組織を活性化できる
・ベンチャー精神を養う効果が得られる

などでしょうか。上のような視点からでも、そうでなくてもかまいません。ぜひみなさんの考えを投稿してみてください。

投稿締切は9月13日 (月)12:00です。
⇒日経COMEMOテーマ企画に投稿する
9月20日(月)の日経朝刊「COMEMOの論点」にて一部投稿を紹介する予定です(※紙面編集都合により掲載延期または中止となる場合もございます。ご了承ください)。
*ご意見は「#COMEMO 」「#社内起業家になってやりたいこと 」をつけて投稿してください。ご投稿いただいた内容は、COMEMO編集部がすべて読ませていただきます。

9月20日(月)の日経朝刊「COMEMOの論点」にて一部投稿を紹介する予定です。

日経COMEMOは、日経朝刊「働き方イノベーション」面と連携し、記事の内容に沿ったテーマでみなさんの投稿を募り、そのなかからこちらで選んだ投稿2~3本を日経新聞朝刊でご紹介しています。こちらは8/30 の新聞に掲載されたものです。

Screenshot 2021-08-30 at 10-36-05 日本経済新聞

ハッシュタグ「#社内起業家になってやりたいこと」をつけていただいた投稿は、COMEMOスタッフがすべて目を通し、そのうち2~3本をこのような形で新聞記事としてご紹介します。投稿は本名でなくても、ペンネームでもかまいません。ぜひご参加ください!

皆さんのご意見をお待ちしております!

日経COMEMOがはじめての方へ


日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。

一人でも多くのビジネスパーソンに「書けば、つながる」を実感していただき、つながりによって生まれる新しいお仕事が、世の中をより良くすると信じています。

投稿募集企画は、皆様の発信機会を増やせればと思い、運営しています。

寄せられた投稿は、私たち日経COMEMOスタッフがすべて拝見しています。皆様のチャレンジをお待ちしております。

https://comemo.nikkei.com/menu/1371

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日経COMEMO公式

日経が推す各界キーオピニオンリーダーの知見が集まるCOMEMOは「書けば、つながる」をスローガンに、個人の意見を発信するビジネスパーソンを応援しています。

スキ、ありがとうございます!
日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。リーダーたちの投稿の他、運営メンバーの活動/毎月開催のイベント情報、みなさんも参加できる投稿募集のお知らせ(日経新聞に掲載されるかも!!)も発信します。