髙木一史さん(日経COMEMO KOL)の投稿が日経朝刊「私見卓見」に掲載されました。
見出し画像

髙木一史さん(日経COMEMO KOL)の投稿が日経朝刊「私見卓見」に掲載されました。

日経COMEMOのキーオピニオンリーダーとして活躍中の髙木一史さん(サイボウズ人事労務部)の記事が、7月30日(金)の日本経済新聞朝刊に掲載されました。

テーマは「定年の呪縛に終止符を打て」です。

▼公開された紙面はこちらです。

日経COMEMOでは、日経新聞の担当者がCOMEMOに載っている投稿を選び、再編集して日本経済新聞本紙「私見卓見」で紹介する連動企画を行っています。

▼これまでの「私見卓見」掲載一覧はこちらです。

今回は、日経COMEMOのキーオピニオンリーダー髙木一史さんの投稿が掲載されました。

髙木さんは「これからの働き方」に関して、自身が労務担当をしているサイボウズの事例を交えながら、その知見をCOMEMOに共有してくれています。働き方についてはユニークな取り組みが多いことで知られるサイボウズの考え方に、毎回たくさんの読者から注目が集まっています。

今後も髙木さんの投稿を、ぜひフォローしてご覧ください。

髙木一史さんのプロフィール
サイボウズの労務・育成担当。東京大学教育学部卒業後、トヨタ自動車人事部で労務・労政を担当。その後サイボウズへ移り、執筆したnote「僕はなぜトヨタの人事を3年で辞めたのか」が話題になる。


髙木さんの投稿をはじめ、現在約100名のビジネスの未来を切り開くキーオピニオンリーダーたちが、日経COMEMOにその知見を投稿しています。

日経COMEMOについてさらに詳しく知りたい方は、こちらのコンセプトムービーをご覧ください。

◇        ◇        ◇

▼運営チームによる【日経COMEMO公式note】はこちらです。

▼日経COMEMO公式Twitterアカウントはこちらです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
日経COMEMO公式

日経が推す各界キーオピニオンリーダーの知見が集まるCOMEMOは「書けば、つながる」をスローガンに、個人の意見を発信するビジネスパーソンを応援しています。

スキ、ありがとうございます!
日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。リーダーたちの投稿の他、運営メンバーの活動/毎月開催のイベント情報、みなさんも参加できる投稿募集のお知らせ(日経新聞に掲載されるかも!!)も発信します。