細谷雄一さん(日経COMEMO KOL)の投稿が日経朝刊「私見卓見」に掲載されました。
見出し画像

細谷雄一さん(日経COMEMO KOL)の投稿が日経朝刊「私見卓見」に掲載されました。

日経COMEMO公式

日経COMEMOのキーオピニオンリーダーとして活躍中の細谷雄一さん(慶応義塾大学教授)の記事が、2月11日(金)の日本経済新聞朝刊に掲載されました。

テーマは「中国台頭にどう向き合うべきか」です。

▼公開された紙面はこちらです。

日経COMEMOでは、日経新聞の担当者がCOMEMOに載っている投稿を選び、再編集して日本経済新聞本紙「私見卓見」で紹介する連動企画を行っています。

▼これまでの「私見卓見」掲載一覧はこちらです。

今回は、日経COMEMOのキーオピニオンリーダー細谷雄一さんの投稿が掲載されました。

大学で教鞭をとりながらシンクタンクで研究主幹を務め、さらに執筆活動にも積極的で著書も多数ある細谷さん。国際情勢の話題は、その背景にある歴史を理解していないと難しく感じるものですが、細谷さんの国際政治の話には、興味をもって日々のニュースを追いたくなるような新しい視点があります。

今後も細谷さんの投稿を、ぜひフォローしてご覧ください。

細谷雄一さんのプロフィール
慶応義塾大学教授。立教大学法学部卒業、英国バーミンガム大学大学院国際関係学修士号取得、慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻博士課程修了、博士(法学)。北海道大学専任講師などを経て、現職。安倍晋三政権において、国家安全保障局顧問会議顧問(2014年-16年)などを歴任。2020年10月からアジア・パシフィック・イニシアティブ研究主幹も兼務。


細谷さんの投稿をはじめ、現在約90名のビジネスの未来を切り開くキーオピニオンリーダーたちが、日経COMEMOにその知見を投稿しています。

日経COMEMOについてさらに詳しく知りたい方は、こちらのコンセプトムービーをご覧ください。

◇        ◇        ◇

▼COMEMO主催のイベントは【NIKKEI LIVE】でご覧いただけます。

▼日経COMEMO公式Twitterアカウントはこちらです。


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
今後もよろしくお願い致します!
日経COMEMO公式
日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。リーダーたちの投稿の他、運営メンバーの活動/毎月開催のイベント情報、みなさんも参加できる投稿募集のお知らせ(日経新聞に掲載されるかも!!)も発信します。