見出し画像

あなたにとって「マインドフルネス」とは?【日経COMEMOテーマ企画】

 ここ数年話題の「マインドフルネス」、スティーブ・ジョブズやノバク・ジョコビッチが実践していたり、Googleやインテルが研修に取り入れていることが知られているように、リラックス効果のほか集中力を高めたりクリエイティビティを向上させる効果もあると言われてます。

 マインドフルネス=禅、瞑想のイメージが強いですが、本来マインドフルネスは「今の自分の状態に意識を向け、今に集中し、感情や思考を判断せず、自分を受け入れる心の状態のこと」を指しています。

皆さんの投稿をお待ちしています!

 マインドフルネスに、あなたはどのような関心をお持ちでしょうか? 

 ハッシュタグ「#COMEMO」「#マインドフルネス」をつけて、みなさんのご意見を投稿してください。いただいたご意見の一部は日本経済新聞朝刊「COMEMOの論点」でもご紹介します。

 自分なりの「マインドフルネス」を実践されている方はぜひ、ご自身の体験や、どのように実践されているかなどもご紹介いただけると嬉しいです。

マインドフルネスを理解・体感するイベントを開催します!

 COMEMOでは、スタンフォード大学「マインドフルネス教室」主催のスティーヴン・マーフィ重松さん、Zen2.0代表理事の宍戸幹央さん、立教大学特任教授の梅本龍夫さんといった、日米のマインドフルネスとビジネスが融合する第一線の場で活躍し、高い成果を挙げておられる3名の方々を登壇者にお迎えしたイベント「AI革命時代のマインドフルネス~スタンフォード×鎌倉でヒトの進化を考える」を10月1日に東京・大手町で開催します。こちらもふるってご参加ください。

応募はこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

日経が推す各界キーオピニオンリーダーの知見が集まるCOMEMOは「書けば、つながる」をスローガンに、個人の意見を発信するビジネスパーソンを応援しています。

スキ、ありがとうございます!
23
日本経済新聞社が運営するビジネスパーソンのための知見共有プラットフォーム「COMEMO」の公式アカウントです。あらゆるビジネスパーソンが発信することで視野が広がり、新たなつながりを生み、ビジネスシーンを活性化していくことを目指しています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。