新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ドイツのコロナアプリはどこまで普及するのか

ドイツ政府が提供する「コロナ警告アプリ」のダウンロード数は6月30日現在で1400万回を超えました。

日本は500万回弱ということなので、日本よりも利用が進んでいるようです。

ドイツのコロナアプリについてはそのPR戦略を詳細に紹介したこちらのNoteの投稿が参考になるのでぜひ読んでみてください。

筆者は前回の投稿でドイツのアニメファン向けイベントにおけるコロナ対策ルールについて取り上げました。(リアルイベントのコロナ予防ルールを今試す理由=ドイツ発

そこで気になったのが、イベント主催者がこの「コロナ警告アプリ」の利用を推奨している点です。

ドイツと日本のコロナアプリは、GPSによる位置情報を記録しない点やブルートゥースによる端末の接触情報のみを一定期間記録するなど、仕様に共通しているところも多いようです。

ドイツでのアプリの利用はあくまで個人の自由による「任意」であり、職場なのでの利用も強制はできないそうです。

政府が利用を推奨するのではなく、イベント主催者が推奨することによって利用状況は別のステージに移行したように筆者は感じました。

どういうことかというと、あくまで任意の利用なので「推奨」という形をとっているとはいえ、コロナ対策ルールのなかにコロナアプリの利用を含んだということは、参加者は改めて利用を検討することになります。

もちろんこのアプリは感染の有無を教えてくれるものではなく、あくまで過去に感染者と濃厚接触をしたかどうか、それにより感染のリスクが高いか低いかを伝えるだけとなります。

しかし、いまだワクチンが広く普及していない状態では、このアプリの利用だけでも避けられるリスクはあると考えられます。

こうした状況下では、今後、イベントだけでなく、職場や学校、その他の人々が集まる場所/機会に、こうしたアプリの利用価値はさらに高まるのではないでしょうか。

任意の利用という制約上、利用を強制することは当然できません。例えば、今後、こういったコロナ接触通知アプリの予防効果が広く認知され、高く評価された場合、任意の枠を超えた運用もあるのかもしれないと筆者は思うのです。

ワクチンの普及かコロナアプリの強制が先か、はたまたPCR検査の簡便/時短化が先になるのか、先が見通せない現状が続くことには変わりありません。

ドイツでアニメファン向けのイベントに関わる筆者としても、コロナアプリの動向は今後も非常に気になるところです。皆さんはどうお考えですか?


・・・・・・・・・・・
<訂正情報>
(6/30)引用記事のリンク先が意図していたものとは別の記事になっていたため差し替えました。当該記事の筆者であるtommie116 @ベルリンさんから直接ご指摘をいただきました。この場にて感謝申し上げます。ありがとうございました。


タイトル画像:ドイツ連邦政府のコロナ警告アプリに関するホームページからのスクリーンショット(URL:https://www.bundesregierung.de/breg-de/themen/corona-warn-app

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ダンケ!
10
日独文化交流家(日本ポップカルチャー) ドイツ、フランクフルト在住。日本のポップカルチャーを通じたドイツでの文化交流を支援しています。活動での「気づき」や日々の情報収集で感じたことをドイツからお届けします。 https://twitter.com/sakaikataho

こちらでもピックアップされています

日経COMEMO
日経COMEMO
  • 7315本

日経COMEMOは、様々な分野から厳選した新しい時代のリーダーたちが、社会に思うこと、専門領域の知見などを投稿するサービスです。 【noteで投稿されている方へ】 #COMEMOがついた投稿を日々COMEMOスタッフが巡回し、COMEMOマガジンや日経電子版でご紹介させていただきます。「書けば、つながる」をスローガンに、より多くのビジネスパーソンが発信し、つながり、ビジネスシーンを活性化する世界を創っていきたいと思います。 https://bit.ly/2EbuxaF

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。